5月23日に、B型・移行の希望者で行ってきました長崎県美術館!

< じゃーん

朝から降っていた雨も午後には止んでいてラッキーでした。

企画展と常設展を見ました。
企画展は、大江戸展(後期)をやっていました。
残念ながら風神雷神図襖や北斎の作品は前期で終了していましたが、後期も見どころはたっぷりでした!
歌川広重やあのキャラクターとコラボした作品まで・・・江戸を代表する名品の数々が集結!

入口には写真撮影OKのコーナーもあったのでたくさん撮ってきました。

風神雷神とかっこよく(?)ポーズ決めてみたり・・・

<リラックマ発見!!

波にのまれてみたり・・・

まあ、たくさん遊んだ後はおとなしーく作品鑑賞に。
有名どころでは歌川広重の《名所江戸百景 大はしあたけの夕立》、リラックマとコラボした伊藤若冲の《象図》。あと個人的には、歌川国芳の《里すずめのねぐらの仮宿》が気になりました。

なんだか外が騒がしいなーなんて思いながら出てきたらなんと、五万人目のお客さんがわたしたちのすぐ後に来場したようで・・・!
惜しかったです・・・あともうちょっと遅かったら、もしかしたらわたしたちのうちの誰かが五万人目だったのかも・・・!!

常設展示は菊畑茂久馬ーオブジェからタブローへー
すごく難しかったです。でも《ハサミの行進》という作品はちょっと好きでした。
第二展示室は長崎ゆかりの美術ー工芸:陶磁器にみる生き物のデザイン
その中にあった《ペンギン》という作品が、すごくかわいくて椅子に座ってしばらく眺めていました。

たくさんの良い作品を見れて良かったです。次の企画展とかも面白そうなのが多いみたいなのでまた行きたいなあと思いました。

最後は、みんなでフォーメーション組んじゃったりなんかしてノリノリで撮った一枚でお別れです。