今年最後の就労支援講座です。

大きなテーマは、「今年の自分を振り返る」です。

いろんな方法で自分を振り返っていきます。

今回やっていくのは↑上↑の3つです。

 

まずは、「誕生日チェーン」から!

今回は4月生まれを一番先頭として、生年月日の早い順に並んでいきます。
ただ、これでは簡単すぎるので、並ぶときは「無言」で!
ジェスチャーだけで、相手に誕生日を伝えます!!

早速立ち上がって、やっていきます。
相手に伝わるように、指を動かすみんな。
どんどん列が繋がっていきます。
4~12月まで、1ミスだけで並び終えることができました。

1~3月生まれがひとりもいなかったのがなんだか面白かったです。

 

お次は「いいところ探し」です。

今回集まった人たちのいいところを探していきます。
誕生日チェーンで、並んだ順番から3班にわかれて、やっていきます。

全員分の名前を書いた紙を用意して、班ごとにまとめて、違う班に渡します。
ひとり2分ずつ、班ごとに話し合って、その人の「いいところ」を探していきます。

就労移行とB型、合同でやっていたので、中にはあまり交流のない人もいました。
そういうときは、知っている人がたくさん意見を出したりしていきました。

わたしが言おうと思っていたいいところがすでに書き出されていることも多くあって、多くの人が感じているいいところがあるってすごくいいなと思いました。

一班分を書き終わったら今度は他の班の分も書いていきます。
たくさんのいいところが見つかりました。
自分のいいところを見て、嬉しかったり、恥ずかしかったり。

支援員さんからは、

「自分を厳しく評価することも大切だけど、自分のいいところを知るのも大切」

というお話もありました。

今年一年の良かったところ、悪かったところ、どちらも振り返ることが大切なんだなとわかりました。

 

最後に「今年の漢字一文字」を考えました。

ブリスの恒例なのですが、年の最後に自分の「今年の漢字」を決めます。
今年一年が自分にとってどんな年だったのか…いろんな思いをひとつの漢字に込めるのです。
漢字がかぶってしまうこともありますが、その漢字にした意味は、もちろんひとりひとり違います。

今年の漢字は、クリスマス会で発表されます。
みんながどんな漢字を書いたのか気になりますが、今回は、ここでお別れです…。